make something up の意味は?

Andy, you can’t just make a person up.
(アンディー、人ひとりをでっちあげるなんてできないだろ。)
[映画「ショーシャンクの空に」より]

make something up
(~を作る;~を組み立てる;~をでっちあげる)

make something up

・to form something
・to put something together from several different things
・to invent a story, etc.,
especially in order to trick or entertain somebody
・to complete a number or an amount required
・to replace something that has been lost;
to compensate for something
・to prepare a medicine by mixing different things together
・to prepare a bed for use; to create a temporary bed
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

・(also make up for) compensate for something lost,
missed, or deficient.
・(make up)(of parts) compose or constitute (a whole).
・put together or prepare something from parts or ingredients.
・invest a story.
[Concise Oxford Dictionary]

make something up”という表現には、いろいろな意味があります。

「(物)を組み立てる;(物)を作る;(物)を束ねる、包む」
「(チームなど)を編成する」
「(薬)を調合する」
「(服)を仕立てる」
「(目録・本など)を作る、編集する;(曲)を作る」
「(勘定など)を集計する、計算する」
「(物・事)を(不足を補って)完全なものにする、補う」
「(話・弁解・うそなど)をでっちあげる、作り上げる」
「(けんかなど)の仲直りをする、~に終止符をうつ」
「(ベッドなど)をきちんと整える、用意する」
「(道路)を舗装する」

You can’t just make a person up.

この“make something up”という表現は、
映画「ショーシャンクの空に」のセリフで用いられています。

図書館で、Redが、本を整理するAndyの手伝いをしながら、

2人で、所長のNortonが、賄賂の上に賄賂を取って、
汚い金を貯め込んでいるという話をしている場面で、

もし調べられたら、行き着く先は、Randal Stevensという男で、
自分が魔法のように作り出したというAndyの話を聞いて、

Redが、

“Andy, you can’t just make a person up.”
「アンディー、人ひとりをでっちあげるなんてできないだろ。」


と言っていますね。

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

  • machiner_p

    ショーシャンク大好きだったのでどうもありがとう!

  • 豆蔵

    >machiner_p さん

    ありがとうございます。
    そう言っていただけて嬉しいです^^

    私もショーシャンク大好きなので、
    日本語字幕だけでは伝わらないセリフのニュアンスを知りたくて、
    ショーシャンクを題材にして英語の学習を始めました。

    やっぱり、好きなものだと一生懸命になれるんですよね^^

machiner_p にコメントする コメントをキャンセル