Let’s say ~ の意味は?

Let’s say for the moment this Blatch does exist.
(さしあたり、仮にそのブラッチが実在したとしよう。)
[映画「ショーシャンクの空に」より]

Let’s say ~ (仮に~だとしましょう)

Let’s say ~”という表現を直訳すると、
「~と言いましょう」という意味になりますが、

ここではそういう意味で用いられているのではなく、

仮に~だとしましょう」「例えば~したとすれば
仮に~したとして」「~だと仮定して

などという意味合いで用いられています。

あることについて説明するときに、仮定の話として、
ある例を取り上げて、相手に分かりやすく説明しようとする場合に
用いられる表現です。

「仮に~だとするでしょ、そうすると~となるわけなんだよ」
「仮に~だとして、そうしたら~となると思うかい?」
などという感じで用いられることが多いですね。

Let’s say for the moment this Blatch does exist.

この“Let’s say ~”という表現は、
映画「ショーシャンクの空に」のセリフで用いられています。

Andyが、Tommyから聞いた話を、刑務所長のNortonに話した場面で、

このTommyの話を信じていないNortonに対して、
「彼の話は本当です」と言うAndyに、

Nortonが、

Let’s say for the moment this Blatch does exist.”
「さしあたり、仮にそのブラッチが実在したとしよう。」


と言っていますね。

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す