Feel like talking? (話したい気分か?)
[映画「ショーシャンクの空に」より]

feel like ~
(~したい気がする、~がしたい(ような気がする))

feel like something/like doing something
・to want to have or do something
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

feel like doing”という表現は、

~したい気がする」「~したい気分だ」「~がしたい(ような気がする)」

などという意味になります。

I feel like eating curry tonight.
「今夜はカレーを食べたい気分だ。」
I feel like going out for a walk.
「散歩に出かけたい気がする。」

などと言うことができます。

ここで、“feel like S + V”とすると、

「(SがV)のような気がする

という意味になります。

I feel like I have a fever.
「熱があるような気がする。」
I feel like I’ve died and gone to heaven.
「私は天国へ行ったような気がする。」

Feel like talking? (話したい気分か?)

この“feel like ~”という表現は、
映画「ショーシャンクの空に」のセリフで用いられています。

朝の点呼で、Andyがいなかったので、Andyの独房に
刑務所長のNortonがやって来た場面

Andyと仲が良かったRedが何か知っているはずだと思い、
「Andyが何か言っていたはずだ」と言うNortonに対して、
「何も言っていなかった」と答えるRed。

その後、Nortonが、「神よ!奇跡です!人間が風の中の屁のように
消えてしまった。後に残ったのは、窓枠の上のがらくたのような石
と壁に貼られたあのかわいこちゃんだけだ」と言った後に、

壁に貼ってあるRaquel Welch(ラクエル・ウェルチ)のポスターを指して、

“Let’s ask her. Maybe she knows. What say there,
Fuzzy-Britches? Feel like talking?”

「彼女に聞いてみよう。彼女が知っているかもしれない。どうだ、
けばけばのショートパンツのお嬢ちゃん?話したい気分か?」


と言っていますね。

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


F