There’s not a day goes by I don’t feel regret.
(後悔しない日はない。)
[映画「ショーシャンクの空に」より]

go by (通過する;(時が)経過する)

go by
・(of time) to pass
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

go by”という表現には、

「(~のそばを)通過する
「(時が)経過する経つ
「(機会などが)見逃される
ちょっと訪問するちょっと立ち寄る
「(~の名で)通る知られている

などという意味があります。

There’s not a day goes by I don’t feel regret.
(後悔しない日はない。)

この“go by”という表現は、
映画「ショーシャンクの空に」のセリフで用いられています。

Andyが脱獄した後、Redの仮釈放を決定する面接の場面

面接官に「自分がしたことを後悔しているか」
と尋ねられたRedが、

“There’s not a day goes by I don’t feel regret.”
「後悔しない日はない。」


と言っていますね。

この“There’s not a day goes by I don’t feel regret.
という英文の構造を見てみると、

a day”という名詞に、

(that) goes by
(that) I don’t feel regret

という関係詞節が2つかかっているわけですね。

そして、

a day (that) goes by 「経過する日、過ぎ去る日」
a day (that) I don’t feel regret 「後悔しない日」

ということから、

There’s not a day goes by I don’t feel regret.”を訳すと、
「後悔しないで、経過する日はない」という意味合いになります。

つまり、「後悔しない日はない」ということを言っているわけですね。

また、ここで、“a day (that) goes by”の関係代名詞“that”は、
主格だから省略できないのではないか、
と疑問に思う方もいるかもしれませんが、

主格の関係代名詞であっても、“There is ~”や“Here is ~”の文に
関係代名詞が続く場合には、省略することができるので、問題ありません。

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


G