I don’t think so. (そんなことはない。)
[映画「ショーシャンクの空に」より]

I don’t think so. (そうは思わない)

・(informal) used to say very strongly that you do not agree with
something, or that something is not possible
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

I don’t think so.”という表現は、
基本的には、「そうは思わない」という意味合いで、
相手に同意できない、賛成できないという場合に用いられますね。

でも、そういう意味合いだけではなく、例えば、相手の誘いに対して、
本来“No.”と言いたいときに、ただ“No, I don’t.”と言ってしまうと、
ちょっと直接的できつい言い方になってしまうところを

I don’t think so.”「それはちょっと・・・」「それはどうかな
という感じで、やんわりと断るという場合にもよく用いられます。

また、言い方によっては、これとは逆に、相手に強く反対する場合に、
あり得ない!」「とんでもない!」「絶対だめ!
という感じで用いられることもあります。

ですから、この“I don’t think so.”という表現が用いられる場面に応じて、
その意味合いを判断する必要がありますね。

I don’t think so. (そんなことはない。)

この“I don’t think so.”という表現は、
映画「ショーシャンクの空に」のセリフで用いられています。

刑務所の中庭で、懲罰房から戻って来たAndyがRedと話をする場面で、

「俺は、娑婆じゃやっていけないだろうよ。人生のほとんどここにいた。
刑務所慣れした男だ。ブルックスのように」というRedに、

Andyが、

“You underestimate yourself.” 「自分を過小評価しているよ。」


と言うと、Redが、

I don’t think so. 「そんなことはない。」


と言っていますね。

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


I