Might as well have been in Chinese.
(中国語で受けた方がましだったぜ。)
[映画「ショーシャンクの空に」より]

might as well ~ (~する方がましだ;~した方がよい)

may/might (just) as well do something
to do something because it seems best in the situation that you are in,
although you may not really want to do it
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

might as well do something”という表現には、

「~する方がましだ、~するのと同じである、~するようなものだ」
「~した方がよい」
「~して差支えない、~してもよい」
「~してもいいだろう」
「~してくれないか、~してみたら、~してもいいんじゃない」
「[動詞を省略して] そうだね、そうしてもいいね、まあいいんじゃない」

などという意味があります。

Might as well have been in Chinese.

この“might as well”という表現は、
映画「ショーシャンクの空に」のセリフで用いられています。

図書館で、Tommyがテストを受けている場面で、

テストが終了し、Andyに「どうだ?」と聞かれて、
「こんなことのために丸1年を無駄にしたぜ」と言うTommy。

「自分で思うほど悪くないかもしれないぞ」とAndyに言われて、

Tommyが、

“Yeah. It’s worse. I didn’t get a fucking thing right.
Might as well have been in Chinese.”

「ああ。もっと悪いさ。くそいまいましい問題が一つも
分からなかった。中国語で受けた方がましだったぜ。」


と言っていますね。

通常、「さっぱりわからない;ちんぷんかんぶんだ」という意味で、
Greek”(ギリシャ語)が用いられて、“It’s all Greek to me.
と言われることが多いですが、

ここで、Tommyは、「さっぱりわからない」という意味合いで、
Chinese”(中国語)を用いているわけですね。

この記事を、役に立った・参考になったと思われた方は、ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


M